何故、秋はきもちいい?

「天高く馬肥ゆる秋」「読書の秋」「スポーツの秋」・・ナドナド。なぜ秋は気持ちいいのかな?

それは、気温が人間生活に適温で湿度が低いから。また、空気が澄んでいて美味しいですよね。食べ物も美味しく実り「食欲の秋」。山が色ずき「行楽の秋」。まだある「美術の秋」。こんなに形容される季節は・・・やっぱり「秋」だから?

こんな季節が一年中続くといいなあと。

でも冬はすぐそこに。

秋日和が一年中ほしい お月様が手に届きそう。

秋になると、外に出て自然に触れてみたくなりませんか?木々は紅葉し、鳥や虫たちも賑やか。実りの秋を満喫しています。夜はお月様がくっきりとすぐ近くまで。月を愛でる・・・虫たちの声に耳をかたむける・・・爽やかな風の感触に身震いし・・・幼いころ母に手を引かれて見たお月様を思い出す・・・。

こんな贅沢な時間を味わえるのは、地球という星に生まれて来たから・・・。

季節の変わり目、人生が恋しく、昔の思い出も。

何故か? 秋になると人が恋しくなります。誰かを思い出し、誰かを訪ねたくなります。幼い日を思い出し故郷を訪ねて見たくもなります。しかし。もう、いく拍もないだろうと知らせを受けた兄嫁のことを思う時、帰りたくもあり、帰りたくもなし。

結局、ひとりで幼い頃の思い出を辿り、人生に恋をしているのかもしれません。

医食同源してますか?身体に効く食品??病気を治す食品???ある???

病気になると医薬品で治します。でも医薬品を長く使用すると副作用や身体にストレスを与えます。食品は食べ過ぎや偏食をしない限り害にはなりません。食事によって病気が治ることもあります。食品の摂り方によっては病気に効く場合もあります。しかし、法律では特定の食品が病気や身体に「効く」「治る」と表示してはいけないことになってるそうです。

法律の裏にはいろいろな事情や配慮があるとおもいます。が、しかし、私たちは自分の健康を守るため色々な努力をします。

そこにふと、「医食同源」が思い浮かびました。

鹿児島で生まれ育ち、東京に、いま所沢で73歳!!

今日は私の誕生日。満73歳になりました。戦争中昭和18年、産声もあげられない程ひ弱な子として生まれました。12人兄弟の末っ子で母親は高齢出産。いつも学校を休む子供を母親は手厚く可愛がってくれました。それは、兄姉が妬むほどの愛情でした。今思い出しても涙が溢れてきます。病弱な子供には母親の愛情が一番の薬でした。

あれから70年以上経ち、親兄姉もみんな亡くなり一人になった今、妻、子供、孫が生きる力を与えてくれるのを感じます。

夢百歳倶楽部スタッフ タコ・チャング

所沢から夢百歳倶楽部が発進!!

こんばんは。本日より「夢百歳倶楽部」装いも新たに発進します。

「百歳めざす夢」を応援します。元気に、豊かに、前向きな熟年生活を応援します。日本に生まれて良かったと思える人生を応援します。美しい日本。自然も心も文化も科学も技術もからだも豊かなニッポン。そのことを誇りに思い、少しでもお役に立つ事を世界中に発信して行きたいと思います。よろしく、お付き合いのほどお願い申し上げます。

p1010657

夢百歳倶楽部 一同