コロナが教えてくれるもの

コロナは嫌だ!!誰でもそう思っています。感染しないため、三密が提案され人間関係が粗にならざるを得ない。お互いが距離を置いて個の世界になりがち。何かしら閉塞感がただよい憂鬱な気分。

しかし、一人になって人間同士のコミュニケーションの大切さを知り、広い空間に身を置いてみると自然の美しさを改めて知る。そして、元々、人間は一人なんだと気づく。そしてもう一人の人間との付き合い方の大切さに気づく。また人間のつくってきた文明の無力さにも気づきます。

コロナは何故怖い?

アメリカではインフルエンザで約16000人の方々が亡くなっている。それに比べコロナによる死亡者は1000人(3月26日現在737人)にも満たない。

なのに何故コロナが怖いのか・

その理由は二つあるようだ。かわいこー1

一つは、インフルエンザは感染のメカニズムがおおよそ分かっており予防接種など予防の手立てが出来る。しかし、コロナは感染の経路がほどんど分からない。そして感染のスピードが速い。

もう一つは、インフルエンザは治療が可能で薬も開発されている。しかしコロナは治療法は模索状態、薬やワクチンも開発されていない。

分からないから余計に怖さが募るばかり。しかし事例を蓄積し分析しながら対処法がきっと見つかるはず。科学者や医学者のご努力を応援したい!!

免疫力を高めるローヤルゼリー

b (1)コロナウィルスの感染が続いています。

しかし、有効な治療法がないまま世界中に広がっています。。今は広がりを防ぐための手立てしかない状況で、各国は人の往来に制限をするしかない状態。何か手立てはないのでしょうか?今分かってきたことは高齢者やからだが弱っている人たちの死亡率が高いということ。そして若者は陽性でも症状があまり出ないということ。

このことは免疫力の強い人はコロナウィルスに抵抗する力があると言うこと。先日テレビで蜂蜜が免疫力を高めると報じていました。長年ローヤルゼリーを愛用してきた私から見ればローヤルゼリーも同じかそれ以上と感じています。76才でも若者と一緒に働いてる自分は体験的にまた実感としてそう思います。

憂鬱と閉塞感からの開放を!!

コロナウィルスの拡がりに世の中が躍起になっています。

いつ収束するかも分からない現在自己防衛しかありません。個人で、地域で国で。毎日暗いニュース。国も地域も個人も、閉鎖的な対策を取らざるを得ません。憂鬱な毎日、そして閉塞感。一体いつまで続くのでしょう。

でも、考えてみました。不可抗力しかない地震や津波そして戦争よりもまだマシでは。まだcropped-pic_b008.jpg自己防衛する事ができる。対策を講じて被害を抑制できる。こんな時こそ人間の知恵と努力を最大限に引き出し活用すべきでしょう。絶対に出来るはず、そしてやりきる!!という決意が必要でしょう。

そう決意したとき、自分の中から憂鬱と閉塞感から開放されたと気づきました。みんなで支え合おうね。と。

コロナ!!

いま、思いつける言葉は・・・

触なぬ神に祟りなし・・・

君子危うきに近寄らず・・・

先んずれば?を制す・・・

言葉は言葉。大切なのは、どう具現化し実行するか・・・

あなたは?

宇宙ステイションをみました!!

「今日はもうすぐ宇宙ステーションが見られるよ!」とスクール生。すぐに外に飛び出した。

2月8日午後6時12分、埼玉県ときがわ町白石峠近く、「ときがわスカイリゾート」埼玉こまちパラグライダースクールのテイクオフポイントで宇宙ステーションの通過を目視しました。北西方向から白い点が現れゆっくり真上を通過し南東方向の東京の夜景方向に消えて行きました。その間、約一分くらい。

皆んな呆然と無口で見上げていた。あの白い点の中に宇宙飛行士が数名、人類がいるんだと思った瞬間「思わず「お~い」と手を振ってしまった。すごく親しみを感じたから。そして、宇宙が身近に感じられ嬉しかった。今までにない感動を覚えました。

スイスで人工衛星は何回も見たけれど、人類がその中にいる、それは凄いことだとおもいます。地球を90分で一周するのだそうだ。素敵な夜でした。

 

今日、国会で地球の温暖化、プラゴミ質疑

P1010730ですが?

やっぱり、前向きに取り組む・・・だけの答弁で、具体的に対策案が出て来ない。寂しいなあ。まあ質疑されないよりは進歩?ですか。n~ん??? オーストリーでは、今まで0だった緑の党が28議席獲得し、国民党と政権を組み具体案を示しています。その案は2040年までに達成する案。日本もゴマカシチマチマしないで賛同したら?

日本でも政権と組んでる小さな政党学んでいただきたいナア。?うん

私達のふるさと、地球を大切にしたい

今日のニュースで南フランスで大雨が降り洪水が起きているという。

昨年日本も大変な被害を受けた。自然の災害は防ぎようがない。しかも想定外の風水害が起きている。これは地球の温暖化が原因であることはどの学者も指摘している。温暖化対策の会議が開かれても殆んど効果的な対策がとれない。その原因は明白で大国が本気で取り組むことをしないからだ。日本もその一員である。小泉環境相に期待したがカッコしく立ち回るだけで何も出来ない小物である。

宇宙

政治に期待できない現実は悲しいことだ。

人生100年、でも地球があぶない!!

テレビを見ていたら、プラスチックゴミを取り上げていました。海中に浮遊または沈んでいるプラスチックのゴミの量が多い!!ドンドン増え続けている!!近い将来地球に存在する魚類の量、重さを越すとのこと。魚類の生態系や生存に影響があるらしい。いや、それを食料としている私たちにとって大きな問題です。

番組では、世界の、特に大国の政治に期待がもてない。だから身近な自分たちが使わないようにすることから始めざるを得ない、とか。う~ん?

かわいこー1

一応、早速私が始めた事は、レジ袋を使わないようにしたこと。コンビニのコーヒーのプラスチックのふたを使わないようにしました。

あと、何をしようかな?