オスバチの壮絶な運命と悲劇

さて、な~んにもしないでメスばちに疎んじられるオスバチには一つだけ役目があります。それは女王蜂と交尾することです。(羨ましい・・・)

オスバチは働き蜂の約5倍の大きさ。立派な体格ですが戦うための針は持っていません。そのかわり立派な交尾器(生殖器)をもっています。(羨ましい・・・)

さて、いよいよお役に立つ時がきました。交尾のときが訪れたのです。女王蜂は交尾の時期になると独特なフェロモンを発散し流します。これに気づいたオスバチは一斉に集まってきます。ここから結婚旅行が始まります。空中結婚式です。

女王蜂はオスバチが集まってくると猛スピードで空中を飛び交います。オスたちは何十匹も交尾を求めて群がり追いかけます。これは壮絶な戦いです。何故なら猛スピードの女王蜂に追いついた者だけが交尾出来るのです。オスたちは必死に力尽きるまで追いかけます。

ついに!!先頭を飛んでいたオスバチが女王蜂に追いつき背中にとりつきました。すかさず立派な?交尾器を女王蜂に突き刺します。そして精子を注入!!想いがかなった!!その瞬間オスバチの身体は麻痺・硬直しボン!!という音とともに交尾器は引きちぎられオスバチは死んでしまいます。まさに爆死。壮絶な空中戦に勝ち抜いて思いを遂げた瞬間の出来事です。これがオスバチの運命。それだけではありません。追いつけなかったオスバチ達は、想いも遂げられず不遇のうちに死んでしまいます。

どーですか?読んでいる男性諸君。人間に生まれて良かったですねえ・・・((#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です